がろぐ ~人生死ぬまでネタ作り~

ライフル射撃、ルアーフィッシング、ラーメン、美味しい食べ物を食べてるガルのブログです

ライフル射撃用品のフォアエンドレーサーを自作してみよう!【図面つき】

time 2017/02/05

こんにちは
がるです

自作フォアエンドレーサーのことを作り方を聞かれたので、今回は用意する材料、図面用いて説明してみたいと思います

            Sponsord Link

自作フォアエンドレーサーの材料

フォアエンドレーサーを作るために用意する材料を紹介します

・スリングレール 1本
・スリングレール止め具
・ボンド(成分表示で「水」を含んでいないもの) 1つ
・ステンレスネジ 2本
・各種木材

 

自作フォアエンドレーサーの材料説明

スリングレール

スリングレール自体の長さは10cmにしました
使っていなかったり、古い銃のストックから持ってくることをオススメします

フォアエンド

時々、銃砲店のワゴンセールのようなところで見かけるので、そういった掘り出し物を探してくるのも有り!

立射用で作るのであれば、スリングレールは不要となります

 

スリングレール止め具

フォアエンドレーサー

こういったものや

フォアエンドレーサー

こういったものです

僕は、前者の写真のほうの銀色のスリングレール止め具を使っています

理由は、まず家に余っていたため
「余ってるんだったら、使うっきゃないっしょ!」
って感じですねw

二つ目の理由は
取り付け穴位置が多少ずれていても大丈夫なため

後者の黒色のものだと穴位置が金属パーツのほうで決められてしまっています
なので、自作フォアエンドレーサーを作る時、穴位置がずれてしまうと、取り付けできなくなってしまいます

フォアエンドレーサーを自作するためのボンド

木材同士を貼り合わせるために使用します

しかし、木材同士だけでなく、スリングレールという金属パーツを使うため、ボンドに水分が入っていると金属に錆や変化が起こる可能性があります
なので水分が入っていないボンドを選択しました

今回僕が購入したボンドはコチラ

セメダイン 超多用途 接着剤 スーパーX2 速硬化タイプ クリア 20ml AX-067

新品価格
¥238から
(2017/2/4 18:11時点)

 

現在も自作フォアエンドレーサーを使用していますが、ボンドの関係で金属パーツに変化は見られていません

 

ステンレスネジ

別に素材がステンレスでなくてもいいんですが、錆びてフォアエンドレーサーが汚れるのが嫌だったのでステンレスにしました

スリングレール止め具にあわせたため、今回はM5のネジを使用しています

 

フォアエンドレーサーの本体の木材

僕は、材木屋さんで捨てられてしまうようなものを頂いて来て、ほとんどの木材を揃えました
足らないものはホームセンターやネットで購入

しっかりと寸法を合わせて、自分にあった大きさのフォアエンドレーサーを作りたいのであれば、購入するほうがいいですね

 

自作フォアエンドレーサーの木材寸法

僕が作ったフォアエンドレーサーは木材寸法をみすったため、作り上げた時に少々ミスが出ました

今回は!

皆さんに!

ミスさせないように寸法を公開します!!

 

フォアエンドレーサーを作ってみよう

僕が自作したフォアエンドレーサーをパーツ別にしてみました

フォアエンドレーサー 説明

A~Dの各種パーツと、スリングレールの計7パーツで作りました

それぞれの寸法(長さ、幅、高さ)は
A:100 × 15 × 5 ←この寸法の木材を2個
B:175 × 15 × 5 ←この寸法の木材を2個
C:175 × 45 × 20 【穴あけ加工】
D:75 × 45 × 5 【穴あけ加工】
(単位は全てmm)

これらのパーツを穴あけ加工するものは穴をあけ、メインパーツであるCにボンドで貼り合わせていきます

ただし、A、Bはスリングレールと止め具の大きさで、多少幅が変わってくることがあります

CとDの穴あけ位置

これはのスリングレール止め具の穴の幅、穴の大きさにあわせます

Cはネジ径より少し大きめの穴 → だいたい5.5mm~6mmくらいの穴
Dはネジの頭が入る大きさの穴 → だいたい8.5mmくらいの穴
をあけます

Dはミスしてもヤスリなどで加工すれば対応が出来ますが、Cの穴位置は気をつけてあけるようにしてください

 

フォアエンドレーサーの木材貼り合わせの注意点

ただただ闇雲に、各パーツを貼りあわせていけばいいというものではありません

しっかりセンターを取るところは取り、他のパーツの邪魔にならないようにしながら貼り合せなければなりません

なーんて、難しそうに言っておいて、簡単なので難しく考えなくても大丈夫ですw

目安にするのは、Cにあけた穴と、スリングレール
この二つの中心にして、他のA、B、Dを貼り合わせていきます

フォアエンド

こんな感じになります
木材パーツを「積み木」のように重ねていき、寸法が合っているかどうかを確認しながら作業を進めていってください

そして、僕はボンドで貼り付けをした時に、クランプで動かないようにしていました
スリングレールは最終的にネジで止めました

 

フォアエンド

裏側はこんな感じ
Bパーツが違うのがわかると思います

なーんで、こんなダサいようにしちゃったんだろか
と、あとから後悔したし、こんなことしたため寸法ミスがありましたw

フォアエンドレーサー作り まとめ

1.材料を用意します
2.寸法ミス無いように、木材を切って用意します
3.積み木みたいにしてミスが無いかのチェック
4.接着剤で貼り合せ
5.クランプして動かないようにする
6.スリングレールはネジで止める

ってな感じです

もしわからないことがあれば、コメント、ツイッターなどで質問ください
お答えできることは僕のスリーサイズからお答えします!!

 

でわでわ

down

コメントする




お知らせ

ちょっぴりライフハック

ブログアイディア

映画

病気 入院体験談

美味しいもの

★ Sponsord Link

がる's プロフィール

がる

がる

愛知県生まれの、愛知県育ち ライフル射撃、ルアーフィッシング、ラーメン、美味しい食べ物が大好きです [詳細]

カテゴリー

ランキング応援、お願いします!